魚釣らずして釣り楽しむは達人なり

平戸がメインの磯釣り日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野崎島夜釣り

8月13日(金)中潮
今年は初盆参りが多くてなにかと忙しかったので更新が遅れました

今回の釣行は磯吉親子と銀平さんに小野原君の5人で野崎島へ行きました
宮川キャプテンが操舵する海鯱で最初に向かったのは春一番の近くの磯です
ココでは3時間程海水浴を楽しみ18時からは防波堤へ瀬変わりします
今年は4回目の海水浴ですが、やっぱり五島の海は綺麗ですね
潮の流れが少し速いので多少疲れるけど泳ぐ価値有りです
海水浴の後は堤防で夜釣りですが上礁するのは初めてでした
なんでも夏はイサキや夜グロが結構釣れるとか…
瀬変わりして仕掛けやマキエを準備し、食事を済ませたら夜釣り開始です
銀平さんは伊勢エビ狙いでボク達はフカセでイサキ&クロを狙います
そしていざ釣り座へ向かうと吹き飛ばされそうな程の強風が吹いてます
予報では南西8mとか
堤防なので風を避けようがないので、この条件で釣るしかありません
この風で釣りになるのか?と思いながら3人並んで竿を出すと20分位で磯吉兄ぃがいきなりイサキをゲット
更に続けてポンポンと釣れています
流石だなぁと思いながらマキエを入れるとイサキらしき魚影が浅い所まで食い上がってきている様です
ウキ下を1mまで浅くして仕掛けを入れるとボクにもイサキが釣れ出しました
それから入れ食い状態になり3時間でボクが20尾、磯吉兄ぃが30尾くらいのイサキを釣り上げました
ところがこの時点で小野原君はあまり釣れていません
5mも間隔を開けずに並んでいましたが、ボクと磯吉兄ぃは堤防の先端と角に立ち、小野原君は右側に立って竿を出していました
ボク達は右に流れる潮でサクサク釣れましたが小野原君の釣り座は当ててきているみたいで流れが違っていました…
そこで磯吉兄ぃが釣り座を交代すると小野原君もイサキが釣れ始めました
ちょっとした向きの違いで流れや釣果にこんなにも差が出るのかと実感した時でした…

その後、夕食を挟みココまででイサキは釣れていますがグレの姿が見えていません
噂では釣れているらしいのですが… 続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/08/19(木) 01:02:41|
  2. 磯釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。